平成30年2月24日 晴天に恵まれましたが、霧と風が少しある一日でした。

3柱の海洋散骨のお手伝いをさせて頂きました。

               長崎県 長崎市 伊王島沖 ポイント 

               長崎県 長崎市 I様

平成30年2月24日 お墓じまいをされ、13柱の御遺骨をお墓から出されての海洋散骨を執り行わせて頂きました。

                長崎県 長崎市 伊王島沖 ポイント

                長崎県 長崎市 Y様

平成30年2月24日 朝から晴天に恵まれましたが、少し霧があり、風も少しありましたが3柱の海洋散骨を執り行わせていただきました。

                長崎県 長崎市 伊王島沖 ポイント

                長崎県 長崎市 Y様

平成30年2月24日 3柱の海洋散骨のお手伝いをさせて頂きました。

                 長崎県 長崎市 伊王島沖 ポイント

                 長崎県 長崎市 T様

平成30年2月18日 ご兄弟様でお母様の海洋散骨を申し込まれ、お母様のお誕生日に海洋散骨を執り行わせていただきました。

昨年12月に亡くなられたお母様を、「お墓に入れたくない」というご兄弟様のお気持ちで海洋散骨をお選びになられたそうです。

そして、ご希望として「雲一つない快晴、青空、凪」というのが必須のご依頼でした。

「お母様のお誕生日の日に、雲一つない快晴で凪」、まずもって確率的にも難しく、寒波の影響もあり、社員一同祈ることしかできませんでしたが、

実施日当日、朝からはうっすらと雲が残っていましたが、この日を逃すと晴天がいつになるのかという2月にはよくある予報。

いざお客様を乗せて出航すると「うそでしょう!!」というくらいお客様の要望通りの天候で、青空・雲なし・太陽キラキラ・鏡のような海面(べた凪)!!

施主のご兄弟様は「青色・水色・太陽・・イメージ通りだった」と大満足でお帰りになられました。

お母様をお見送りの途中にカモメが一羽飛んできて水面に降りたのを見て「生まれ変わりかも!」と仰っておられました。

とてもすてきな海洋散骨を実施させて頂きました。

                長崎県 長崎市 伊王島沖 ポイント

                長崎県 長崎市 Y様

平成30年1月27日 とても快晴で波も穏やかな一日でした。

本日は、墓じまいをされての海洋散骨を執り行わせていただきました。

7柱の御先祖様の海洋散骨でした。

                長崎県 長崎市 伊王島沖 ポイント

                長崎県 島原市 K様

平成30年1月21日 弟様からご依頼のお兄様の海洋散骨を執り行わせていただきました。

ずっと疎遠だったお兄様が遠方で亡くなられ再会されたとの事で、小さな骨壺をご持参されました。

御遺骨は多くなかったのですが、海が綺麗だったのでお花と一緒に還られるお姿をいつまでもお送りすることが出来ました。

                 長崎県 長崎市 伊王島沖 ポイント

                 長崎県 長崎市 H様

平成30年1月21日 この時期には珍しく寒さの緩んだいいお天気。ご主人様のご散骨で、奥様と東京在住の娘様、息子様の3名ご乗船されての海洋散骨を執り行わせていただきました。実施後、東京へ戻られるとの事で早めの9時30分の出港となりました。

セレモニーが始まり、奥様リクエストの「いきものがかりのSAKURA」を流しながら、ご主人様をお見送りしました。献酒に持参されていた「父の日に作った」というお孫さんの写真がラベルになっているお酒2本とご主人様がお好きだったすごく酸っぱいレモンキャンディーを捧げられ、空いた瓶を持ち帰られました。

ダイビングをなさっている息子様が、「長崎の海はきれい」だと喜んでおられました。

娘様もお見送りに涙しながら「お父さんいいなぁ」と思われたそうで、「自分も海洋散骨がいい」と仰られ帰られました。

式の途中、一羽のカモメが飛んできて奥様がとても喜んでおられました。

                   長崎県 長崎市 伊王島沖 ポイント

                   長崎県 長崎市 S様

平成30年1月13日 福岡県能古島沖で代行海洋散骨を執り行わせていただきました。

少し波はありましたが、故人様のお姿をいつまでもお見送りすることが出来ました。