佐世保 平成29年6月23日 海洋散骨

 平成29年6月23日、佐世保市の九十九島沖での海洋散骨を執り行わせて頂きました。

施主様から「両親の散骨を7年越しにやっと実施することが出来肩の荷がおりました。」と仰って頂きました。

散骨ポイントは仲の良かったご両親をゆかりのある場所ということで九十九島沖ポイントでの実施となりました。

この日は降水確率60%、いつ雨が降ってもおかしくない天気予報、そして二日前まではかなりの時化だったのですが、

「おじいちゃんは晴れ男だったからね」という施主様の言葉通り、雲の隙間から晴れ間も見え、海面は鏡のように穏やかでした。

式が終わったころから雲が多くなり、「おじいちゃん短期だったからもう無理って言ってるよ」などと会話を交わされておりました。

とても仲の良いご家族で、実施後にレンタカーを借りて公園まで行きますとの事でした。

 

                             長崎県佐世保市 九十九島沖ポイント