平成29年4月15日 お天気よく、4月中旬とは思えない暖かさで海洋散骨のお手伝いをさせて頂きました。

ご子息様の海洋散骨で、お母様からのご依頼でした。

お母様がご高齢だったため代行での海洋散骨となりました。

お母様から「くれぐれもよろしくお願いします。」との言葉に、子を思う母親の気持ちを強く感じました。

                                  福岡県 福岡市 能古島沖ポイント

                                  福岡県 福岡市 Y様

平成29年4月5日 五島での海洋散骨のお手伝いをさせて頂きました。

この日はくもり、そして波が高く、欠航ぎりぎりという中でのご散骨でしたが、無事に故人様をお送りすることが出来ました。

ご家族様からのお願いで、一度お預かりしていたご遺骨を粉骨して後にご家族様にお返ししました。

そして散骨の前日に、お返しした御遺骨とみなさんで五島の街をドライブなさったそうです。

とてもご家族様の仲良さが伝わってくるお話でした。

                                    長崎県 五島沖 ポイント

                                    長崎県 長崎市 I様

平成29年3月18日 少しうす曇りの天候の中、海洋散骨のお手伝いをさせて頂きました。

                              長崎県 長崎市 伊王島沖ポイント

                              長崎県 長崎市 H様

平成29年3月12日  とても暖かく晴天に恵まれた日です。平成27年に亡くなられたお父様の海洋散骨のお手伝いをさせて頂きました。

                                   福岡県 福岡市 能古島沖ポイント

                                   福岡県 福岡市 F様

平成29年3月12日 とても暖かく、波も穏やかな一日でした。

27年前に旅立たれたお父様のご散骨のお手伝いをさせて頂きました。

                               福岡県 福岡市 能古島沖ポイント

                               福岡県 福岡市 S様

平成29年3月12日 昨日までの寒気が嘘のように、晴天で波も穏やか、空には飛行機雲がいくつも重なり、とても暖かな一日となりました。

本日、海洋散骨をお手伝いさせて頂いたご遺族様は、息子様、娘様のご家族様で、8名の方がご乗船いただきました。

享年90歳のお母様は、生前より「いつ死んだら迷惑にならんかね?」など聞いてこられる子供想いのお母様だったそうで、

この海洋散骨の日程がなかなか決まらず、やっとこの日とお決め頂いたお日にちが,

こんなに晴天で波も穏やかな日になるのは、お母様の子を思う気持ちがこの日を選ばせたのではないかと不思議な力を感じております。

 

                              福岡県 福岡市 志賀島沖ポイント

                              福岡県 柳川市 T様

平成29年2月12日 宮崎県油津港沖での海洋散骨でした。

前日までの大寒波で実施が難しいかと思われておりましたが、当日はとびっきりの晴天に恵まれ、冬型の気圧配置で北西の風が吹いていたので長崎ならば実施が難しいところ、宮崎は九州の陰になり、比較的に波は穏やかで無事に海洋散骨のお手伝いをさせて頂きました。

ご主人様がご存命の時に「散骨してほしい」と、口癖のように言っておられたのを、奥様は聞き流していたそうなんですが、

いざ、ご主人様が亡くなられて、その言葉を思い出し、「主人の願いを聞いてあげなければ」と思われ、御命日に合わせて8か月前よりご予約いただき本日の実施となりました。

奥様、子供様家族、たくさんの御家族に見送られての海洋散骨となりました。

冬型の気圧配置で風もあり、九州でも大雪の中、このようにご家族が集まられる日に海洋散骨を実施できるという事に、不思議な力とご家族様の大きな愛を感じました。